Blog

離婚するときは、先のことを考えて行動しよう!

旦那の浮気が発覚してから、何をしたらいいのか?離婚する、別居する、許す?どうしますか?

離婚したいの?

後輩が会いにきた。
42歳になったばかりの後輩は、痩せていた。
ダイエットした痩せ方ではない。
どちらかというと、やつれた感じ。

「どうしたの?」
「今日聞きたいのは、離婚のことなんです」

浮気の証拠を見つけるまで探偵になる女は怖いよ

後輩が、離婚したい理由は簡単だった。
旦那さんの浮気が発覚したからだ。
出張と言って関西、九州方面にいく。
新型コロナウイルスで感染リスクが高まる中
出張に行く必要が本当にあったのか?

出張から帰ってきて、旦那さんのカバンを
みてみたら、居酒屋、小料理屋、キャバクラ
の領収書はあったのだけど、ホテルの領収書が
ないことに気がついた。

どこの泊まったのだろうか?
同じ会社で出会って結婚したから
出張精算方法は熟知している。

どこに泊まったの?
この疑問から女の感は鋭くなるのだ。
経理の同期に確認したら、出張パックは
使っていないという。

飛行機はネットでプリントアウトすればいい。
そう思っているのだろうね。

で、どうして毎週行く必要があるのか?
仕事ではない。

女が決断すると行動は早くなる

実はあっさりと証拠は出てきた。
浮気した女との夜の動画を保存していた。

どうしてバレたと思う。
旦那が忘れていったiPadをみたら
動画が残っていた。

これをダウンロードして、残して
さらに調べると、女の名前も顔も
住んでいるところもわかった。

そこで、彼女は離婚届にサインをして
旦那にもサインさせた。

で、いつ出すのか?
これが肝心だ。

離婚するのはいいけど、どうするの?これからの生活費

協議離婚は簡単に成立する。
問題は子供達の養育費とこれからの生活費の確保だ。
子供3人に養育費と生活費を確保するのは大変だよ。

「先輩は離婚してからどうしたのですか?」
「離婚する前に就活して、実家の近くに引っ越して、仕事が軌道に乗ったから離婚を切り出してだよ」

そう言ったら、考えている。
彼女の仕事はまだない。」

「前の会社には戻りたくなかったから、自由な時間を確保できる会社にしたのよ」
「どうやって探したのですか?」
「ランサーズやクラウドワークスで仕事を最初は探したの」
「ランサーズとかで稼げますか?」
「とりあえず、原稿書くことから初めて、感を戻すことだね」
「CAには戻ろうと思わなかったのですか」
「絶対に戻りません。カラダが悪くなる仕事は嫌です」

後輩に提案した。
1、仕事を探す
2、子供たちが生活するのに問題のない住居を探す
3、養育費を確保する。慰謝料の確定をする。

これが離婚プロセス。

離婚しない場合
旦那を許す代わりに慰謝料は取る。
旦那は小遣い制に移行する。
仕事が軌道に乗るまで仮面夫婦になる。

驚いたのは、彼女は離婚を前提に動いていて
協力してくれる男がいることだ。

この男とは、彼ではない。
法律に詳しく、人脈は広く深く、行動力はある。

だけど、この人とは何もないのだと。
便利なおこともいたもんだ。

喧嘩は最低限にした方がいいぞ。

冷静に判断できるのは45歳の壁を超えてからだろうか?

見えてくる世界が変わっているのかもしれない。
39歳までなら、怒り狂っていたのかもしれない。

40歳を過ぎると女の体は、男性ホルモンに
支配され始める。

これによって、考えかたと行動が大胆になり
なんでもできると自分にいいかせて自分の脳に
言い聞かせると必ず成功する。

そう信じて行動してきた。
そのうち、仕事はくるようになって
なんとか軌道に乗ってきたものだ。

その経験がないから、目の前の
「離婚」という文字しか頭にない
女子は考える思考がない。

理解はできる。
他の女とベットにいることが
楽しくなった男にと同じ空気を
吸っていることが嫌なのだ。

思考が変わる。
専業主婦になっていた女が仕事を始めて
成功するには並大抵の努力では無理だ。

どうやって稼ぐのか?

家事もワンオペ。
子供の教育のことも考えるでしょ。

一人では子供は育てられない。
誰かの協力が必要だ。

実家の両親がいるなら協力してもらう。
学童保育はフル活用することになるしね。

学校のイベントは、学年が違うとスケジュール管理が大変。

離婚するなら生活費の確保してから

子供の養育を考えること。

慰謝料はいいところ350万円。

もらえる養育費は子供一人に3万円だよ。

どうしたら、生活できる?
財産分与請求したら、住宅ローンの残債も折半だしね。

まずは、弁護士に先に相談する。
それから行動して。

-Blog