MacBookAir MacBookPro

MacOSのアップデートを速くする方法はこれ!

MacOSのあっぷでーとに時間がかかり過ぎたらどうしますか?夜にアップデートを開始して翌朝、終わっていると思ったらまだアップデートしていた。会社にMacBook Pro、MacBook Airを持っていけないということになったらどうしよか?実は、ちょっとしたことで、MacOSのアップデートが早くなるのです。その方法を解説します。

macOSのアップデートをスピードアップする方法がある?

macOSのアップデートに24時間以上かかった経験がありませんか?
寝る前にアップデートを開始して、起きたら終わってなかった。
そんな経験があるあなたが、やるべきことがあります。

Googleで検索でMacOSのアップデートを速くする方法と調べてみてもイマイチ。

アップデートしている皆さんは、イライラモードが全開です。

MacOSのアップデートが遅い時に確認するべきこと

1、wi-fi環境に問題あある

WiMAXを使っている人で、3日間で10GB以上の通信をしていると速度制限がかかります。
18時から翌日の2時までが速度制限のかかる時間です。

当然、速度制限がある時間帯にアップデートをしたら遅いですよ。

自宅に光回線の高速wi-fiがない学生さんや、単身赴任中の一人暮らしの皆様は高速wi-fiが通じているCafeに避難する必要があります。

wi2の契約をしている人は、ルノアール、スタバでアップデートするのもいいと思います。

自宅に光回線が1GBPSの回線がある人でも、wi-fiルーターが古いとダメですね。wi-fiルーターは5年に1回は買い換えるぐらいがいいと思います。

2、MacのSSDがいっぱいになっている

意外と気がつかないかも。

「 MacOSのアップデートができない」と友人から相談を受けてみてみたら、SSDの残りはわずか5GBだった。動画がたくさん入っていて、SSDを圧迫していたので電気屋さんでポータブルハードディスク2TBを買ってバックアップして、MacBook AirのSSDを軽くしたら、ちょーいい感じにアップデートが始まりました。

SSDの残りは、リンゴマークから「このMacについて」を開いて、上の「ストレージ」を開くとわかりますよ。

3、エラーが出てダウンロードされていない!

アップデート当時はサーバーが混んでます。
沢山の人がアップデートしているから、サーバーの反応が遅い。

気長に待つか、翌日開始するかを選びましょう。

何やってもダメだ AppleCareに電話してみた!

AppleCareに電話する前にやってみたこと

1、再起動

2、PRAMクリア

3、App Store>マイアカウントを表示>パスワードを打ってみる。

これでもダメなんです。

アップルサポートが真剣に対応方法を教えてくれました。

「つぎの方法でやってみてください」と言われた。

AppleCareの教え SMCリセットが有効です

1、Macのシステムを終了し、電源を落とす。周辺機器も全て取り外す。

2、Macを電源に繋げ、充電されている状態にする。

3、内蔵キーボードで「(左の)shift + control + option」を押しながら電源ボタンを押す。

4、先ほど押した3つのキーと電源ボタンを同時に離す。

5、再度、電源ボタンを押してMacを起動。

すると「おーーー」快適にダウンロードが始まりました!

これってすごーーーーい技ですね。

これをやるとアップデートは早くなりますよ。

-MacBookAir, MacBookPro
-