MacBookAir MacBookPro

MacBook Pro、MacBook Airのバッテリーを長持ちさせるために

MacBook AirとMacBook Proのバッテリーを長持ちさせるために何をすればいいか?バッテリーを長持ちさせるためんたった1つの習慣が必要。

バッテリーの寿命を長くするために

MacBook Pro、MacBook Airのバッテリーを長く使いたい。過去の使用経験から言うと5年でMacBook Air、MacBook Proのバッテリーは寿命をむかえる。メニューバーにあるバッテリーマークが点灯するとバッテリーの交換時期になる。

使い方によってはバッテリーの劣化は急激に進むこたがある。

1、絶えず100%の充電をしていたい人の過充電はバッテリーを劣化させる

MacBook Pro、MacBook Airに限らず絶えずガジェットの充電量を100%にしておきたい人がいます。

デスクワーク中に充電器に繋ぎっぱなしにしている人。
iPhoneもデスクで常に充電している人いませんか?

これって、過充電でバッテリーはものすごく劣化します。

2、モバイルバッテリーで充電している人

MacBook Air、MacBook Proの最新版はUSB-Cタイプの端子なので、ハイパージュースなどのモバイルバッテリーで充電可能です。ロンドンまでの12時間フライトで作業中にバッテリーがなくなった。モバイルバッテリーでMacBook Pro、MacBook Airを充電して仕事を着陸前に終わらせたい。

問題は同じモバイルバッテリーでも電圧が違うタイプのものを、交互に使うと劣化するのです。できれば、ハイパージュースのようなパワーのあるモバイルバッテリーがいいと思います。

一昔前までは7万円ぐらいしたハイパージュースも今はかなり安くなりました。1万円以下で購入可能です。使う用途によって、ハイパージュースのサイズをチョイスしてください。

3、MacBook Air、MacBook Proを使わずに放置している人

MacBook Pro、MacBook Airのバッテリーを100%充電していても数ヶ月放置したらバッテリーの容量は減少していきます。

あ、久々に使おうかなと思って、起動スイッチを入れても起動しない。充電器に接続してもなかなか起動しない。

完全放電状態で充電しなくなっているのです。

充電器をつなげて放置しておくと、充電を開始するMacBook Air、MacBook Proもあります。

これはかなりラッキーな場合です。

新しくMacBook Pro、MacBook Airを購入してデータ移管を済ませた。

でも、古いMacにデータが残っているかなと起動してみて「動かないじゃん」と焦る時があります。

MacBook Air、MacBook Proのバッテリーを長持ちさせるためにどうする?

MacBook Pro、MacBook Airなどバッテリー駆動パソコンは、20%以下になるまで使う。

それから充電を開始ます。

5%以下になってから充電する方がいいと思います。

そうするとバッテリーは一生懸命充電を開始します。

40%ぐらいで充電を開始して、100%になったら充電器はそのまま。

これだと劣化します。

3か月に1回のやるべきこと

MacBook Air、MacBook Proのバッテリーが0%になって自動でスリープするまで使います。

それから、MacBook Pro、MacBook Airを机の上に置いて5時間ほど休ませます。

5時間してから充電を開始して100%まで充電します。

これでバッテリーはリフレッシュされるとAppleCareの人に教わりました。

実際にやっていますが、かなり有効です。

MacBook Proは2年を経過していますが、いまだに充電量は落ちてません。

-MacBookAir, MacBookPro
-