MacBookAir

MacBook Airは世界最強のノートPCとなった!

MacBook AirのCPUがインテルから Apple Siliconになり、処理スピードは中古の車からフェラーリになったぐらいに速くなった。しかも、バッテリー駆動時間は18時間と驚異的なパワーをもつMacBook Airに生まれ変わった。

MacBook Airは、ふたたたびビジネスPCの頂点に立つ

Apple Silicon搭載のMacBook Airは、驚愕の進化を遂げた。
価格は低価格設定となっており、104,800円からの購入できる。
おすすめは、129,800円のモデル。

8コアCPU、8コアGPU、16コアNeural Engineを搭載したApple M1チップ、8GBユニファイドメモリ,512GB SSDストレージ、True Toneを採用したRetinaディスプレイMagicKeyboard、,Touch ID、感圧タッチトラックパッド、Thunderbolt / USB 4ポート x 2搭載のモデル。

アップルストアのホームページの右側にあるモデルがおすすめだ。

違いは、G P Uが8個か7個の差なんだけど、絶対8個が処理スピードが速い。

Apple Siliconは、1枚のチップにCPUとGPUを同居させているから、データのやりとりが高速化している。

インテルモデルでは別々のチップがオンボードに存在しており、CPUとGPUのやりとりに使う通信で、データ処理が遅くなっていた。

さらに、Apple SiliconのM1チップ搭載モデルでは、消費電力が少なく発熱量も少なく、バッテリー駆動時間は最大で18時間となっている。

今までのメモリーとは違う

MacBook Airはメモリー16GB、S S Dは2TBまで拡張可能だ。動画などを編集するのにメモリーは大量消費されている。
16GBで足りるのかとMacBookPro16インチユーザーは、疑問に思うかもしれないが、余裕で動画編集はできる。

新しく搭載されたメモリーの処理能力も格段に向上している。

MacBook Air 驚愕のスピード
MacBook AirのC P Uマルチスコアで7433という数値は、MacBook Pro16インチiCore9の8コアよりも高速な数値である。
Mac Proの最高速度に近いことが証明された。

4Kの45分動画の書き出しに45分
書き出しのスピードは、16インチMacBook ProiCore9,8コアよりも速い。

数百万円をかけてMac Proを購入しているYouTuberにしてみると、今回のMacBook AirとMacBook Proは輝く星だ。

PCを購入しようとしている大学生にとっては、MacBook Airは最高のマシーンになるだろう。

Apple Silicon搭載のMacBook Airはファンレスである。
12インチMacBookはファンレスで、長時間使っているとものすごく筐体が熱くなり、熱暴走を起こしていた。

Apple Silicon搭載のMacBook Airを使った感想を言うと、ほぼ発熱していない感じだ。

Geekbenchのデータを見て驚愕のスピード

MacBook AirのC P Uマルチスコアで7433という数値は、MacBook Pro16インチiCore9の8コアよりも高速な数値である。

Mac Proの最高速度に近いことが証明された。

数百万円をかけてMac Proを購入しているYouTuberにしてみると、今回のMacBook AirとMacBook Proは輝く星だ。

これから、PCを購入しようとしている大学生にとっては、MacBook Airは最高のマシーンになるだろう。

 

 

新しいMacBook Airにはファンがありません。しかし、業界をリードするM1チップの優れた電力効率により、圧倒的なパフォーマンスを発揮します。システムが生み出す熱はアルミニウム製の放熱板が拡散するので、どんなに負荷の高い作業に取り組む時でも、MacBook Airは完全に静かです。

新しいMacBook Airは8コア

M1チップは、アップルPCで最高高速のCPUとなる。一世代前のCPUと比較すると最大で3.5倍の高速処理ができる。

しかも、諸費電力はインテル製CPUの十分の1なので、バッテリー駆動時間は最大で18時間使える。

フル充電していれば、大学生が1限から最終まで使い続けても、夜までバッテリーを充電する必要なし。

新Magic Keyboardは大丈夫か?

シザー構造のキーボードを新マジックキーボードと呼んでいいのだろうか?

シザー構造のキーボードの欠陥が多く、キーボードの交換が頻繁に行われてきた。

アップルケアが切れても、キーボード交換は4年保証に延長された。

なんで、シザーキーボードにこだわるのだろうか?諦めないアップルは、なぜシザーにこだわるのだろうか?

新しいシザー構造に懲りてるユーザーは、「え?」と思うはず。

Magic Keyboardの名前をつけて、欠陥部品であったら、これまた大クレームになること間違いなし。

Wi-Fi6に対応しているMacBook Air

Wi-Fiの高速通信技術は進化している。

光回線もソニーが提供しているNUROが、超高速回線である。NUROは申し込みが殺到して工事は2ヶ月待ちの状態である。仮に、NURO光回線が開通し、MacBook Airを使えば、編集した動画のアップロード時間がダントツに短縮される。

Wi-Fi新規格に対応しているなら、安心だ。

Apple Siliconを搭載することのアップルのメリット

Apple Silicon搭載のMacBook AirとMacBook Proが発売になった。
今後、アップルはCPUの選択、設計、コスト、納期など、あらゆる面に関して、コントロールできるようになる。

Apple Siliconによって、すべてのアップル製品のアプリケーションの基盤が共通化された。
膨大な数のiPhoneとiPadアプリが、そのままMacで動作する夢のような環境になった。

これまで、Macの独立したGPUを持つPC は、インテル製のCPUとAMD製のGPU、そして主にセキュリティに関するコントローラーとして動作するアップル製のT2チップを備えている。従来のインテルCPUのMacでは、CPUとGPUは、それそれ独立したメモリを使って動作する。両メモリ間でのデータ転送はPCIバス経由となり、大量のデータを扱うには効率が悪かった。

Apple Siliconでは、1つのSoC(System on a Chip)として、CPU、GPU、セキュリティ関連の機能はもちろん、ビデオのエンコーダー、デコーダー、機械学習関連の処理をハードウェアで実行するニューラルエンジン、機械学習アクセラレーターなどが詰め込まれている。

多様な機能をワンチップに統合できるのは、iPhoneやiPad用のSoCとして培ってきた設計技術である。

Macに内蔵する複数のコアの処理能力が、すべて同一ではないということが特徴である。

アップルではこれをAsymmetric multiprocessing(非対称マルチプロセッシング)、略してAMPと呼んでいる。

軽い処理は低能力のコアで実行し、負荷の重い高度な演算処理は高能力のコアで実行することで、全体的なコアの利用効率を高めることができる。

IntelからM1チップに刷新されたことより、性能と電力効率が向上しMacBook Airだと12時間から18時間に、MacBook Proは10時間から20時間と大幅にバッテリー駆動時間が向上している。

Microsoft Office、Adobeのクリエティブアプリ、Final Cut Pro XなどMacでの作業に必要不可欠なアプリがAppleシリコンのM1チップでも動作します。

 

4K動画を3本ストリームで編集できるパフォーマンスを実現しています

MacBook Airで実現できるのは素晴らしい性能アップはここがポイント。

MacBook Airの今のスペックであれば、YouTuberは楽勝で動画編集ができる。

どこでも、動画編集を可能にしてくれる。
写真加工も優れたパワーを発揮してくる。

ビジネスマンは、MacBook Airが一台あれば、仕事は実に快適に進められる。

Apple Siliconでも普通にアプリは使える

Apple SiliconのMacに対応していないIntelベースのアプリケーションは、Rosetta 2によってエミュレートされるので問題なく動作します。

M1チップのMacBook Pro 13インチはCPUの処理性能は最大3.5倍、グラフィック処理性能が最大6倍ほど向上しています。

MacBook Proはバッテリー駆動時間がAirを上回る20時間という長時間駆動を実現しています。

ならば、出先での動画編集は楽々行えるのです。

 

 Apple Siliconのデメリット

 Apple Silicon搭載のMacのデメリットは、Boot Campがサポートされないこと。
IntelのCPUモデル搭載のMacは、Boot Campを使うことによって、MacでWindows10を切り替えて使うことができた。

アップルの独自設計で作られている Apple Siliconでは、Boot Campは使えない。

parallel desktop、VMwareでWindows10は、使えるはず。
使えるはずというのは、現在Apple Silicon対応のParallelsとVMWareを開発中です。

開発完了は2021年春を予定しています。

となると、しばらくはWindows10を使うのはインテルベースのモデルになる。

ブロガー、アフィリエイターにとって、Windows10を同じマシーンで使うのは当たり前ですからね。
SIRIUSを使いこなすためには、Windows10は是非ものですからね。

でも、春まで待てるかというとちょっとやばい感じだ。

-MacBookAir